テレビで韓国の財閥の復讐なんてやってましたね。
大韓航空ナッツ・リターン
ナッツリターン事件以来、そういう金や地位に物を言わせて、何でも人を使ってしまう人ですね。
韓国の幸福度が、低いというのも分かる気がします。
全てではないと思いますけどね。

ナッツリターンで言うなら、自分に権力がなかったら、逆に復讐されてしまう、なので、常に威張って、権威を維持しなくてはならない、それって不幸ですよね。
対等な人間関係を築けてきたのでしょうか。
僕はないと思いますね。

お金や地位に物を言わせる人というのはいつの時代も、確かにいます。ある意味では、何か武器に頼ってないと、本当に人とちゃんと話す事が出来ないという危機感が抜けない、これって結構小心者なのだと思っています。
ちゃんとした人間というのは、腰も低いですし、全うな話をして、それに責任を持って行動すると思います。
それに、自分の長所や欠点を理解した上で、常に改善を見出そうと思っているのではないでしょうか。
そういう人は、常に自分を見ているのですよね。誰かのせいでもなく、自分をどうするかと意識しているのだと感じています。
立派な人って、他人に求めないけど、他人にちゃんと話せる人だと思います。

そう言えば、サイゼリヤって本当にブラックらしいですね。
そもそも、僕だったら給料のために、そんな大変な思いをして、果ては上司にこてんぱんにやられて、うつになるなんて選択はしませんけどね。

某知り合いも、サイゼリヤで働いたそうですが、相当だったとは聞きました。
ブラックとボーダーは似ています。人前で恥をかかせたり、嫌な思いを平気でする、それを権力のかさにきかせてやるというのが通例です。
僕ならクラウド業の方が絶対に良いです。もっと言うと、何でそんな企業に勤めるのか疑問です。

彼は今、普通の仕事で、責任職を任されたらしいです。実際分かりませんけど、会った時言っていました。
休みはないですけど、そこは男として結構頼もしい、良いメリットなのではないでしょうか。
彼が本当に立派に生きてくれるといいですね。幸せを祈ります。

人間というのは、間違った方向に進み続けると、結局、途中は良いようで最後は誰からも相手にされず、その途中の自分がした過ちが返ってくるような気がしますね。
因果応報といいますか、結局、虚しさや、怒りや恨みだけを抱えて、相手にもされず、人生が終わるような気がします。
普通に生きる事が幸せだと僕は思います。