トクホンが更に増えました。痛くてもう涙がぼろぼろと落ちましたよ。かなり誇張していますけど。
それはそうと、胃薬を飲んで、自分のおじさん化現象が、今後ますます進むのだなあとつくづく思っています。

そう、先日はお彼岸なのでした。
じいさんの逸話は結構多いのですが、元を辿ると、じいさんが暇つぶしに作った話を、母が笑いながら話すという何だか無意味な事柄ですね。
ゲームやっていて下さいって時もあります。
何故か、母は人が何かに夢中になってくると必ず邪魔をしますが、あれは祖父の影響がかなり入っているのではないかと自分は思うのですがね。

パソコンなんですが、何故か僕は、パソコンの前で正座して入力している癖があるのですが、正直、正座が癖になっています。
母方の方に向かって、合掌礼拝しているわけでもなく、何か正座が癖になっています。
この正座が苦手という人もいますが、小さな頃、結構させられていました。理由は覚えていませんが、役に立つと思った事もあります。
確かに、日本の芸能や、何かのお礼の際に、正座をする時があり、少し長い時間でも正座が出来ると、取り合えず相手から信頼されるという事でしょうか。

肩と胃が痛くなって、次はどこでしょうね。
やはり歯の痛みが一番嫌ですよね。本当の所、歯を治療したいのですが、お金がないらしいですね。
嫌な思い出を思い出しました。何で親父はあそこまで、抜けているのでしょう。本人寝ているからいいでしょう。
別に話す気はないですけどね。

親父の天然ぶりは物凄いのですが、あれは一体何なのでしょう。
昔からよく分からない癖があったとは聞いていますが、母など達観しているらしく、無視しているというのが現状の様です。
まあ僕のとってもどうでもいいのですが、被害に合うのは僕なので、せめてロボトミーとかして欲しいと思います。
昔、某Mさんにあんなお父さんでいいのと言われましたが、理解出来るにせよ、親父を変える事は出来ないので仕方ないではありませんか。

あれでもうちょっと賢かったら、性格も激しくブチ切れるわけでもないですし、良い面も沢山あるのですけどね。
一応、近所の奥様方からは、良い親父という評価を受けていますけど、それで浮気伝説とかあったら面白いでしょうね。
まあ、そんな所で、うちの家族は、金が入ったら、確実にばらばらになるのですが、ないから一緒にいるのですよね。