親がアメリカが中国にかなりの金を渡しただとかなんだとか話していましたが、自分としては、前後が分からないため、何のことやらです。
事のきっかけは、中国ががんがん強い国になり、アメリカが注意した所、きな臭くなってしまい、日本が巻き込まれそうになり、そして自衛隊を日本がどこまで、戦地に向かわせるだとかの話ですよね。
安保の話は頭がいたくなる話ですのでやめましょう。
十年後の楽しい自分を想像していた方が人生は楽しい気がします。
大正琴を直しまくって生活している自分、ウクレレを直しまくって金を得ている自分、それで隣には信頼出来るパートナーがいて、犬か猫がいて、自分がお洒落なおっさんで、結構気がきくタイプで、若々しくて、という妄想です。
被害妄想で疲れてしまうのなら、前向き妄想の方が人生には良いと思います。
辛い事を辛い辛いと考えるのは当然でしょうが、暗く辛いと受け止めるか明るくよし乗り切ろうと考えるか、結構物事は変わってきます。
所で、お茶をもらってきました。自分も父に似て冷え性なのですが、お茶は体に良いらしいからいいですよね。
お茶で体を壊したといったら、腐ったお茶があたるくらいですよね。