Categoryダイアリー

安保の話は頭が痛くなります

親がアメリカが中国にかなりの金を渡しただとかなんだとか話していましたが、自分としては、前後が分からないため、何のことやらです。
事のきっかけは、中国ががんがん強い国になり、アメリカが注意した所、きな臭くなってしまい、日本が巻き込まれそうになり、そして自衛隊を日本がどこまで、戦地に向かわせるだとかの話ですよね。
安保の話は頭がいたくなる話ですのでやめましょう。
十年後の楽しい自分を想像していた方が人生は楽しい気がします。
大正琴を直しまくって生活している自分、ウクレレを直しまくって金を得ている自分、それで隣には信頼出来るパートナーがいて、犬か猫がいて、自分がお洒落なおっさんで、結構気がきくタイプで、若々しくて、という妄想です。
被害妄想で疲れてしまうのなら、前向き妄想の方が人生には良いと思います。
辛い事を辛い辛いと考えるのは当然でしょうが、暗く辛いと受け止めるか明るくよし乗り切ろうと考えるか、結構物事は変わってきます。
所で、お茶をもらってきました。自分も父に似て冷え性なのですが、お茶は体に良いらしいからいいですよね。
お茶で体を壊したといったら、腐ったお茶があたるくらいですよね。

福山さん結婚したらしいですね

そういえば、以前福祉施設に行った時、そこの所長さんによると、「自分が楽しければいいのではないか」と言っていたのを思い出しました。
全くその方が楽ですね。
気にしていても仕方ないと自分も思いました。
自分が楽しければそれでいいといいますか、うつ対策にはそれが必要です。
ないとくたばります。
無理して何かのためにとか思うと、こけますね。自分が常に苦しむ羽目になります。
そういえば、福山さん結婚しましたね。相手誰でしたっけ。まあお幸せにと、僕は福山にそっくりだからというと、大体嫌われるくらいの顔なので、どうでもいい話です。
加山雄三が生き返ろうが、タレントの話なんか興味ありません。
イケメンって得だとか言っているのは若い人だけのような気がするのですけどね。
所で、これから寝たら、起きて一時間くらい、暗い欝々とした世界を、又さまようのでしょうかね。
最近見る夢が結構、あほ臭いのですが、起きると、あ、何だか八年前に戻ったみたいな世界に陥るのでしょうが、そっちの方がくだらない気がします。
そうだった、やはり今までうつっぽかったのでした。
うつって良い事ないので、ネアカなものを取り入れようと自分で思いました。

忘れたいこと

朝になるのかと思ったら、異様なスピードでブログを書いていますね。
僕はもう忘れたい事は沢山あります。
普通の人生を送りたいと思っていますから、忘れてしまうのが一番いいのでしょう。

あの人達なんて知った事ではありません。どんな生き方をしようが関係ありません。関わる気はゼロですね。

ずっとウーマンフロムトーキョーを聞いています。この曲、途中の妙にメランコリックな音楽以外、結構元気になる曲ですね。
世間って難しいと僕は思います。
変な人が多い時代なのはずっとなのかもしれませんが、騙される人は、悪気がないのかあるのか、本性がばれますね。
僕らを評価を絶対にしていないという事が。
それを詐欺をする連中はかぎ分けるのが上手いのでしょうね。

騙される人とは、もう接点を僕は絶対に持ちません。この前家に来て、母に私たちとしてはあなた方をどうする事も出来ないと言っていましたが、その後、又僕があの人のアカウントを盗んで金を使ったという事が、しっかり根付いています。
その前にこちらは債務整理したって聞いているのですけど。

絶対に、騙された人達は、僕たちを見下し、酒住んでいるんでしょう。信じていません。

これからも、僕はずっと蔑まれると思います。
あえて言うなら、主治医だけ理解はしているようです。でも、人間的評価は、所詮うつ病患者です。
誰しも、そういう感じなのです。

理由など、書いても無意味です。愚かである僕というのが、すっかり染みついているのですからね。騙されている皆さまには。
そういう人には、理屈ではなくて、心の中で、僕を本質的に信じていません。心で僕を侮辱しているのです。

そういう人達と関わって、何か意味があるのかというと、少なくとも僕も心の中で、あの人達を一切距離を置いています。
訴えるならどうぞ、バカにするならどうぞ、それだけです。
関係を持っても無駄です。
うつ病だからとよく言いますが、そうではありません。僕個人を見下してバカにしているのです。
それはボーダー人間が、あえて扇動した事ですけど、本音の部分であの人達は、見下しているのでしょう。
世の中で、誰か自分を信じますか。
僕は誰も信じませんね。他人に頼っていたら、確実に謝って捕まりなさいとか、ここから出ていきなさいなんて平気で言うでしょう。

そこまで、僕が何をしてきたのか、見ようともせず、ただ詐欺師の言いなりになって。