Category仕事

知人の薬剤師の話

実は四十代で長年薬剤師をやっている友人がひとりいます。
以前は、病院内の薬局に努めていました。
そこには、彼女を含め五人の薬剤師の方がいるとの事で、それだけいても 人手が足りないようでした。
イメージでは必要な薬の処方やその薬の説明等くらいしか仕事の内容が 見当たらないのですがなにかといつも忙しいようで、残業もよくしていました。
休日に出勤するようなことはなかったものの、いつも仕事の事を気にしている様子でした。
ある日、久しぶりに彼女にあった時に、薬剤師の仕事をひとまず辞める とのことでした。
自身の体調があまりよくない様子で休養にはいるとのことでした。
今まで何十年も よく頑張っていたそうなので、ゆっくり休んでもらいたいなと思ったのを覚えています。
しばらくしてまた彼女に会い、現在の近況などを話していたのですが夏場などは、住んでいる地域周辺の 小学校や中学校のプールの水の検査にいく仕事などもしているとの事でした。
薬の処方や薬局のイメージが強く他にどんな仕事があるか知らなかったため、 それを聞き、薬剤師の仕事にとても興味をもちました。 今はその彼女は、漢方などに興味をもち勉強を始めているようでした。 薬剤師転職サイトで情報収集しつつ漢方薬局への復職を予定しているとのことです。
自分も版張らねばと思いました。

睡眠薬と薬剤師

睡眠薬は過食に走りますが、それが癖になると、ずっと過食そして糖尿という、このパターンは非常に多いらしいです。
世の中、薬って困ってしまいますよね。
やっぱり薬剤師の人に相談して薬を変えて貰おうかな。よく病院にお世話になる関係でやっと薬剤師の方とも少し親しくなったのですが、ヤクジョという薬剤師転職サービスを通じて転職してしまうのだとか。残念。これで薬の相談も難しくなりそうです。
うつなら、まだ減っていって、ある程度で止まるものなのですけど、実際福祉施設に行ってみたら、千差万別な病気があるなと見ていて思いました。
一口に統合だとかうつと言っても、色々なパターンがあるようです。
これって決まりはないように見えますね。溜まり溜まった妄想が爆発するにしても、いきなり顔とか口調が変わるのもありましたし、怖くて隅で震えていたり、因みに昨日どこかで書いたのですが、精神病に対して、一番良いのは、気にしないという事です。
僕バカなのえー知らないよ、とまあ一々気にしない事です。
笑いに変える事も大事なのです。恐らく同じ話題が続くうつや、喧嘩ぱやい躁病に対しては、一々びくびくしない事です。
知人Sさんが、「あー俺の事はもう何とでも好きなだけ言ってくれ」なんて笑いながら言っていましたけど、それくらいで充分だと思います。
過敏に反応せず、適当で気楽な方が人生には良いという事です。
無理せず、適当なくらいが人生には良いんですよ。

ナッツリターン事件で思ったこと

テレビで韓国の財閥の復讐なんてやってましたね。
大韓航空ナッツ・リターン
ナッツリターン事件以来、そういう金や地位に物を言わせて、何でも人を使ってしまう人ですね。
韓国の幸福度が、低いというのも分かる気がします。
全てではないと思いますけどね。

ナッツリターンで言うなら、自分に権力がなかったら、逆に復讐されてしまう、なので、常に威張って、権威を維持しなくてはならない、それって不幸ですよね。
対等な人間関係を築けてきたのでしょうか。
僕はないと思いますね。

お金や地位に物を言わせる人というのはいつの時代も、確かにいます。ある意味では、何か武器に頼ってないと、本当に人とちゃんと話す事が出来ないという危機感が抜けない、これって結構小心者なのだと思っています。
ちゃんとした人間というのは、腰も低いですし、全うな話をして、それに責任を持って行動すると思います。
それに、自分の長所や欠点を理解した上で、常に改善を見出そうと思っているのではないでしょうか。
そういう人は、常に自分を見ているのですよね。誰かのせいでもなく、自分をどうするかと意識しているのだと感じています。
立派な人って、他人に求めないけど、他人にちゃんと話せる人だと思います。

そう言えば、サイゼリヤって本当にブラックらしいですね。
そもそも、僕だったら給料のために、そんな大変な思いをして、果ては上司にこてんぱんにやられて、うつになるなんて選択はしませんけどね。

某知り合いも、サイゼリヤで働いたそうですが、相当だったとは聞きました。
ブラックとボーダーは似ています。人前で恥をかかせたり、嫌な思いを平気でする、それを権力のかさにきかせてやるというのが通例です。
僕ならクラウド業の方が絶対に良いです。もっと言うと、何でそんな企業に勤めるのか疑問です。

彼は今、普通の仕事で、責任職を任されたらしいです。実際分かりませんけど、会った時言っていました。
休みはないですけど、そこは男として結構頼もしい、良いメリットなのではないでしょうか。
彼が本当に立派に生きてくれるといいですね。幸せを祈ります。

人間というのは、間違った方向に進み続けると、結局、途中は良いようで最後は誰からも相手にされず、その途中の自分がした過ちが返ってくるような気がしますね。
因果応報といいますか、結局、虚しさや、怒りや恨みだけを抱えて、相手にもされず、人生が終わるような気がします。
普通に生きる事が幸せだと僕は思います。